リップルが暴落した理由。他の仮想通貨は大丈夫?

仮想通貨

XRP(リップル)が2020年末に暴落した理由を5分で解説します。

XRP(リップル)暴落理由まとめ

米証券取引委員会(SEC)が12月23日、リップル社に対して証券法違反として提訴訴訟を起こした。SECは、2013年から約7年間に渡って有価証券登録を行っていない仮想通貨XRPを販売し1300億円を超える資金を調達したと主張した。

何が問題視されたのか

SEC 「おいそれ有価証券やん。何で登録届出してへんねんゴラ!」

XRP 「いや通貨やし〜」

SEC 「いやいや君ら中央集権で自身の努力で収益得とるやないかワレ!」

という事ですが補足します。

リップルは仮想資産では珍しくリップル社という会社で管理されています。ビットコインを代表とする仮想資産の多くは、特定の管理者が存在しない、「非中央集権型」であると言われますが、リップルは「中央集権型」であると言えます。ここがポイントです。

コインチェックは5分で口座申込ができます↓

コインチェック

リップルが中央集権である理由

1 リップル社が大量のXRPを保有する
2 サーバーの運営をリップル社が行う
3 リップル社が取引承認の大きな権利を握る

1のみ解説すると、リップル社は総発行枚数1000億枚のうち630億枚を保有しています。全ユーザーの中で最大の保有枚数です。一気に売却したら大暴落を起こします。そうならない為にロックアップといって第三者に預ける対策を取っていますが大きな影響力を保有する事に変わりません。

SECの主張(補足)

XRPはいわゆる「ハウイ基準」に示された①資金の出資、②共同事業、③収益の期待、④収益獲得がもっぱら他者の努力によること、という4つの要件を満たしており証券法の規制を受ける「証券」の一つである「投資契約」に該当するというものである。

中央集権、非中央集権にはメリット・デメリットがあり、中央集権がダメという訳ではなく、有価証券とみなされるものは届出必須という事です。リップル社側が今後もSECとの全面対決姿勢を貫いた場合、裁判所がどのような見解を示すのかは興味深いですね。

ちなみにビットコインはSECによって正式に「有価証券でない」とされています。疑いを逃れた一番の理由はその非中央集権性です。

中央集権型の仮想通貨はリップル以外にもあるのか。

ステラがそれにあたります。

リップル、ステラは発行元が決まっていてマイニングがないコインです。

今後購入を検討している方はご参考頂けたらと思います。

仮想通貨は値動きが激しく購入のタイミングが難しいと思いますが、

暴落時に失っても仕方がないと思える倍の金額を買って長期保有することをお勧めします。

50%の暴落はあり得るという事です。ただ伸びしろはご想像を超えていると思います。

投資は自己責任ですのでよくご検討ください。

あなたにお勧め

あなたがもしこれから暗号資産投資を始めるなら暴落時にBuy&Holdで長期保有をお勧めします。そのために早めに登録だけしておいた方がいいですよ。(タダなので)

登録は5分で済みますが、
申込殺到中でハガキが届くのに1-2カ月かかる場合があります。
ご自身で調べてもよいと思いますが、コインチェックbitFlyerの二択になるはずです。 (国内最大級の取り扱い通貨数)

最終比較はこちら(5分で読めます)
【早見表】コインチェックとビットフライヤーの比較&登録方法

項目 コインチェック bitFlyer
取引通貨数1715
取引手数料販売所:無料
取引所:無料
販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
入金手数料
出金手数料
入金:770~1018円
出金:407円
入金:無料~330円
出金:220~770円
送金手数料0.001BTC0.0004BTC
最低取引額500円0.0000001BTC
レバレッジ取引不可最大2倍
レンディング最大年利5%
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM
ベーシックアテンショントークン
アイオーエスティー(IOST
エンジンコイン(ENJ
オーエムジー(OMG
パレットトークン(PLT)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ベーシックアテンショントークン
ステラルーメン(XLM)
テゾス(XTZ
ポルカドット(DOT
チェーンリンク
シンボル(XYM)
コインチェック(公式ページ)bitFlyer(公式ページ)

テクニカルチャートもサクッと習得はこちら(40分で読めます)
スイングトレードで月10万円を稼ぐ技術無料動画
★Amazonベストセラー:株式投資1位!売買戦略1位!

初心者の頃に聞きたかった技術を丁寧にお伝えしています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました