ビットコインがアジア時間に売られる理由

仮想通貨

ビットコインは「米国時間は買いアジア時間は売り」という傾向が鮮明になっており、その理由を有識者見解から説明します。

時差から、

アジア時間:日本時間の朝9時から夜21時

米国時間:日本時間の夜21時から朝9時

を指し、アジア時間には日本のほか韓国・中国・シンガポールなどが含まれます。

有識者の見解

1 アジア投資家は欧米投資家と比べ「ガチホ」が浸透しておらず短期売買をする傾向がある。

昨今欧米でヘッジファンドや企業がビットコインを購入している背景には、インフレヘッジとして長期保有を前提にしている割合が高いとされている。

2 アジア採択業者(マイナー)による売却

マイナーの多くは中国などのアジア地域に滞在しており、分析企業CryptoQuantのCEOにより2020年12月から翌1月にかけて彼らが新規発行ビットコインを取引所に送金している事が伝えられている。

3 逆張りの影響

欧米トレーダーが強気すぎる事を背景に、アジアトレーダーが売っているのではないかと、取引企業QCPの共同創設者Dariusがコメントしている。

TheBlock社の調査によると2020年11月から翌1月22日現在まで、リターンが最もネガティブな平均日時は日本時間11時ころ、ポジティブな日時は日本時間20時〜翌8時の間に集中しているそうです。

「そうなりやすい」理由を知っておくことで、余裕のあるトレードに繋がれば幸いです。

あなたにお勧め

あなたがもしこれから暗号資産投資を始めるなら暴落時にBuy&Holdで長期保有をお勧めします。そのために早めに登録だけしておいた方がいいですよ。(タダなので)

登録は5分で済みますが、
申込殺到中でハガキが届くのに1-2カ月かかる場合があります。
ご自身で調べてもよいと思いますが、コインチェックbitFlyerの二択になるはずです。 (国内最大級の取り扱い通貨数)

最終比較はこちら(5分で読めます)
【早見表】コインチェックとビットフライヤーの比較&登録方法

項目 コインチェック bitFlyer
取引通貨数1715
取引手数料販売所:無料
取引所:無料
販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
入金手数料
出金手数料
入金:770~1018円
出金:407円
入金:無料~330円
出金:220~770円
送金手数料0.001BTC0.0004BTC
最低取引額500円0.0000001BTC
レバレッジ取引不可最大2倍
レンディング最大年利5%
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM
ベーシックアテンショントークン
アイオーエスティー(IOST
エンジンコイン(ENJ
オーエムジー(OMG
パレットトークン(PLT)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ベーシックアテンショントークン
ステラルーメン(XLM)
テゾス(XTZ
ポルカドット(DOT
チェーンリンク
シンボル(XYM)
コインチェック(公式ページ)bitFlyer(公式ページ)

テクニカルチャートもサクッと習得はこちら(40分で読めます)
スイングトレードで月10万円を稼ぐ技術無料動画
★Amazonベストセラー:株式投資1位!売買戦略1位!

初心者の頃に聞きたかった技術を丁寧にお伝えしています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました