失敗しないビットコイン購入戦略

仮想通貨

ビットコインを買うタイミングが分からない。

そう思っている方が多いと思います。


2017年からホールドしている私が新規買いするならどうするかお話しします。

<準備>

まずは、コインチェックbitFlyerで口座を開設します。

ビットコインを買わなくても良いので、口座開設のデメリットはありません。

<購入対象>
次に監視対象の仮想通貨を決めるますがビットコイン一択でもOKです。

短期売買ならアルトコインも検討余地があります。


<購入のタイミング>
20%急落したら買います。更に5%落ちるごとに買います

焦って買わなくても急落後にレンジを形成しますので、

購入は1日に1度くらいで余裕をもって行います。

この時更に下がることを祈りながら買い場を待ちます。

最大50%下で拾えたらベストです。

ビットコインの調整は15%~30%、暴落は50%です

これを頭に入れておくとよいでしょう。



<いくら買うか>
私なら失っても仕方ないと思える金額の2倍買います。

5万円失っても仕方ないと思える人は10万円。

100万円失っても仕方ないと思える人は200万。

理由は分かりますね。

過去の実績から大暴落したらMAX50%下がると言えるからです。

ただしそのあと上昇する確率が高いので実際に50%失う確率は低いです。



<いつ利確するか>
利確のタイミングは以下です。

2021年8月  4,000万円          
2021年12月  5,000万円~8,000万円      
2027年    1億円           
2032年~ 10億円             

利確のタイミングを決めていれば一喜一憂したり衝動売りの愚行を防げます。


私は2021年末に7,000万円~1億円になっていれば利確を意識します。

その前に金の時価総額と同水準の4,000万円~5,000万円でも意識すると思います。

同様に大口が意識するラインだからです。

そうなの?という方は宜しければ別のブログ記事もご覧ください。

あなたにお勧め

あなたがもしこれから暗号資産投資を始めるなら暴落時にBuy&Holdで長期保有をお勧めします。そのために早めに登録だけしておいた方がいいですよ。(タダなので)

登録は5分で済みますが、
申込殺到中でハガキが届くのに1-2カ月かかる場合があります。
ご自身で調べてもよいと思いますが、コインチェックbitFlyerの二択になるはずです。 (国内2大取引所)

最終比較はこちら(5分で読めます)
【早見表】コインチェックとビットフライヤーの比較&登録方法

項目 コインチェック bitFlyer
取引通貨数1715
取引手数料販売所:無料
取引所:無料
販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
入金手数料
出金手数料
入金:770~1018円
出金:407円
入金:無料~330円
出金:220~770円
送金手数料0.001BTC0.0004BTC
最低取引額500円0.0000001BTC
レバレッジ取引不可最大2倍
レンディング最大年利5%
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM
ベーシックアテンショントークン
アイオーエスティー(IOST
エンジンコイン(ENJ
オーエムジー(OMG
パレットトークン(PLT)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ベーシックアテンショントークン
ステラルーメン(XLM)
テゾス(XTZ
ポルカドット(DOT
チェーンリンク
シンボル(XYM)
コインチェック(公式ページ)bitFlyer(公式ページ)

テクニカルチャートもサクッと習得はこちら(40分で読めます)
スイングトレードで月10万円を稼ぐ技術無料動画
★Amazonベストセラー:株式投資1位!売買戦略1位!

初心者の頃に聞きたかった技術を丁寧にお伝えしています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました