【早見表と半額契約の裏ワザ!】TradingViewの無料版と有料版の違い

TradingView

※よく読まれている記事です

高橋ダンさん、草食系投資家のLoKさん、蜂屋すばるさんなど有名トレーダーも利用するTradingViewをご存じの方も多いと思います。

無料から使えて、非常に軽く使い易いWEB版のチャートツールです。

もちろん私も長年利用しています。
無料版と有料版の違いを経験を交えてまとめました。
また、半額で契約するための裏ワザにも触れています。

読み進め方

1 TradingView公式サイトを一旦お気に入り登録ください
2 公式サイトと本記事を照らし合わせてお読みください
3 もちろん無料(登録なし)です

無料版と有料版の違い

BASICが無料版です。
私がBASICPROを利用した経験から解説します。

価格など詳細はTradingView公式サイトの[詳細]→[価格]

広告なし  
毎回、左下に広告が表示され少々邪魔ですが気になるかどうかは個人差かなと。PRO以上で非表示にできます。

画像2

出来高プロファイル指標
私が有料版を使う最大の理由です。
表示している期間の価格帯別の出来高(右端)が分かる。
つまり重要な価格レベルが一目で分かります。赤色の水平ラインも自動で表示されます。PRO以上。

画像3

ウォッチリストのインポート
上のスクショのJPX400というフォルダ内の銘柄一覧はテキスト形式のファイルから一括インポートしました。1銘柄ずつ登録する手間が省けます。PRO以上。

画像4

同時デバイス数
PCでTradingViewを開いていたのを忘れてスマホで開くとエラーがでてウッ・・となったことが何度かある程度です。複数デバイスはPRO+から。

タブ毎のチャート数
私はこんな感じで週足と日足を表示し切り替えながら銘柄選定します。BASIC 1、PRO 2、PRO+ 4、PREMIUM 8画面まで表示可。

画像5

インジケーター表示
ここは少し注意。左上にインジ一覧がある。出来高は数に入れずOK。
BASICは3つまでなので移動平均線なら短期・中期・長期線まで。
PROは5つまでなので上記+2つ表示できる。私はPROなので300日線とVPVR(出来高プロファイル指標)も表示している。

画像6

アラート設定
デイトレードをする人はアラートを利用することが多いかも知れません。
BASICで1つのアラート、PRO以上で複数のアラート設定が可能。

日中バーでのリプレイ
自動で過去チャートを右に進める機能でスピード調整もできます。
練習に使える機能です。BASICでも日週月足で利用できるので個人的には十分かと。分足でリプレイしたい人はPRO以上が必要。

トレードスタイル別おすすめ

画像7

PRO以上の機能にそれほど大きな差は無いと感じます。
インジケータが5つで足りない人はPRO+を選択。
PREMIUMはアラート設定が400までできますが、FXで数十通貨ペアをスイングで監視するような人以外は必要ないかなと。

操作感

7年のトレード経験で10ツールくらい使いましたが最高レベル。
最大の特徴はブラウザー版なので軽いことです。
海外・暗号資産を含めた銘柄・指標データ、テクニカル機能が驚くほど何でも揃っているにもかかわらず比較・操作も瞬時なので思考を止めない

私のYouTube動画のチャート解説でも毎回利用してるのでよければご覧ください。

費用

画像8

      価格の詳細はTradingView公式サイトの[詳細]→[価格]

<早見表>

画像9

※1ドル109円で計算
※料金プランは随時変更されるので公式サイトを確認ください
※全ての有料プランは30日間無料で試すことができます
※私は有料で一番安いPROの1年プラン16,895円=月1,400円を利用 
 月1冊本を買うと思えば高くありません

裏ワザ
有料プランを半額(50%OFF)で契約する方法があるようです。
公式サイトにもある正規の契約方法なので安心です。
随時変わる可能性があります

以下のような半額オファーをもらえるようです。

画像10

手順
Step1 公式サイトからアカウント登録する

Step2 有料版の30日間無料お試しに登録する
    ※画面右上「PROへ30日間無料お試し」をクリック

Step3 無料お試し期間にキャンセルする
    ※無料お試しの登録が完了すると「25%オフ」のオファーが
     表示されますが、50%オフで契約するにはここで契約せず無料
     お試し期間をキャンセルする必要があります。

     マイプランの参照からここをクリック

画像12

     キャンセルすると理由を聞かれます

画像13

Step4 キャンセル理由で「高すぎる」を選択する
    ※下記画面で50%オフを選択すれば終了
    ※5050%オフと記載されていますが恐らく誤表記

画像13

注意点 
最初にお試し期間として選んだプランはいつでもアップグレードとダウングレードができるので、最初の段階ではどのプランを選んでも問題ありません。50%オフで契約する段階で選択したプランが割引となります。契約後、プランを変更することは可能ですが割引は適用されないのでご注意ください。

繰り返しですが、随時変わるので50%オフ契約ができない場合があります。

所感

あなたがメインで利用中の売買ツールを変更する必要はありません
ちなみに私は今もSBI証券ツールを使ってます。
TradingViewは補助ツールとして銘柄選定・環境認識・検証・分析で利用し満足しています。YouTubeや書籍への質問も実はかなり多いのでまとめてみました。皆さんの関心が高いようです。

最後に実際に私がとった手順です。

・公式サイトで登録
無料版でどこまで使えるか1~2週間利用
・30日間無料お試しでPRO版を利用
・そのままPRO版を有料にて利用
・キャンペーン案内があり2年?等の割安延長を購入

       価格など詳細はTradingView公式サイトの[詳細]→[価格]

TradingView(公式)の無料登録はこちら。

有料版と無料版の違いも詳しく説明しています。

最後にこちらも参考まで。

最後までご覧頂きありがとうございます。


コメント

  1. a より:

    株に関して全くの初心者なのですが、ぐりーんさんの一貫したトレード手法と相性のよい、スイングトレードの教科書ってあるでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました