TradingViewに銘柄リストを取り込む方法

TradingView

TradingViewにJPX400銘柄リストを取り込む方法です。

①TradingViewをPro版にアップグレードする

 残念ながら無料版では銘柄リストの取り込みはできず、有料版最安値のPro版以上にアップグレードが必要です。アップグレードするメリットは大きいので迷っていた人はこの機会にしてしまいましょう。キャンペーン適用なしで約@1,400円/月ですが毎月本を1冊買うと思えば安いものです。無料版との比較や半額契約の裏技も以下の記事で説明しています。

TradingViewの公式サイト

無料版と有料版の比較早見表はこちらから(人気記事)

②JPX日経インデックス400のExcelをダウンロードする

こちらから “構成銘柄ウェート一覧(CSV)”をダウンロードします。

画像1を拡大表示

▼Excelを開き “コード(黄塗)”をコピー(Ctrl+C)します。

画像2を拡大表示

▼メモ帳を開き、貼り付け(ctrl+V)て名前を付けて保存します。

画像3を拡大表示

③TradingViewを開いて設定(黄色〇)から先ほど保存したメモ帳をインポートする。

画像5を拡大表示

▼設定を開いて”リストをインポート”をクリックして、保存してあるメモ帳を選択で完了です

画像5を拡大表示

▼これでJPX日経インデックス400の銘柄リストが取り込まれました

画像6を拡大表示

TradingView(公式)の無料登録はこちら。

有料版と無料版の違いも詳しく説明しています。

投資分析ベストセラー1位著書の株・スイングトレードで月10万円稼ぐ技術もご参考まで。
(Unlimited無料)

コメント

タイトルとURLをコピーしました