仮想通貨の税金はいつ20%になるのか

仮想通貨

日本の仮想通貨の税金が最大55%かかることはご存じのとおりです。

韓国は2022年から20%になります。

では、日本はいつ20%になるのか。

実はFXも始めは最大55%の総合課税からスタートし、

時を経て20%(申告分離課税)になりました。

そして仮想通貨の今後については、そこから推測することができます。

<FX>

税制改正改正の内容
1998年日本でFXが解禁(総合課税の対象)
2005年(7年)FX業者の金融庁登録が必須に
2009年(4年)FX業者への支払調書制度の適用開始
2012年(3年)FXが申告分離課税に一本化

<仮想通貨>

税制改正改正の内容
2012年コインチェック営業開始(総合課税の対象)
2017年(5年)金融庁登録が必須に
2020年(3年)支払調書制度の適用開始
2023年?(3-6年)申告分離課税を導入??

FXが分離課税を導入し20%になったのは意外と最近で2012年です。日本で解禁になって14年後、支払い調書制度の適用開始からは3年後です。

仮想通貨にあてはめると
税率が20%になるのは2023年~2026年と予測できます

必ずとは言えませんがFXと近い年数で進捗していることを考えると大きくずれることも無いと思います。

ですので仮想通貨は頑張ってあと2年保有しましょう!とは言いませんが(笑)
私は2021年内のビットコイン売却は考えていません。
20%が適用されるまでに利確した場合、現在の税率がかかることは確定です。

長期目線で計画を立てる際のヒントにしていただけたらと思います。

あなたにお勧め

あなたがもしこれから暗号資産投資を始めるなら暴落時にBuy&Holdで長期保有をお勧めします。そのために早めに登録だけしておいた方がいいですよ。(タダなので)

登録は5分で済みますが、
申込殺到中でハガキが届くのに1-2カ月かかる場合があります。
ご自身で調べてもよいと思いますが、コインチェックbitFlyerの二択になるはずです。 (国内最大級の取り扱い通貨数)

最終比較はこちら(5分で読めます)
【早見表】コインチェックとビットフライヤーの比較&登録方法

項目 コインチェック bitFlyer
取引通貨数1715
取引手数料販売所:無料
取引所:無料
販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
入金手数料
出金手数料
入金:770~1018円
出金:407円
入金:無料~330円
出金:220~770円
送金手数料0.001BTC0.0004BTC
最低取引額500円0.0000001BTC
レバレッジ取引不可最大2倍
レンディング最大年利5%
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM
ベーシックアテンショントークン
アイオーエスティー(IOST
エンジンコイン(ENJ
オーエムジー(OMG
パレットトークン(PLT)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ベーシックアテンショントークン
ステラルーメン(XLM)
テゾス(XTZ
ポルカドット(DOT
チェーンリンク
シンボル(XYM)
コインチェック(公式ページ)bitFlyer(公式ページ)

テクニカルチャートもサクッと習得はこちら
スイングトレードで月10万円を稼ぐ技術無料動画
★Amazonベストセラー:株式投資1位!売買戦略1位!

コメント

タイトルとURLをコピーしました